クランプ法

クランプ法はアメリカで誕生した包茎手術の方法です。幼児の包茎を直すために誕生しましたが、現在では成人にも使われることが少なくありません。その方法とメリット・デメリットをご紹介します。

まず、クランプ法ではペニスの亀頭部分にクランプ(包茎手術用の器具)を被せ、包皮を持ち上げます。次にリングを被せ、そのラインに沿ってメスやレーザーで包皮を切除して手術完了です。

クランプ法のメリットは、15分ほどで手術が終わります。さらに、出血もほとんどないことから、日帰り手術も難しくありません。さらに、簡単な手術方法なのでアルバイトの医師でも手術でき、料金も50,000円前後で済みます。リーズナブルに包茎手術をしたい人にはおすすめです。

ただし、傷跡が残ってしまいやすいほか、ツートンカラーになってしまうので、包茎手術をしたことがバレてしまうリスクがあります。とくに、レーザーを使った場合は熱によってダメージを受けるので、縫合の幅を広げなければなりません。包茎手術で切除したあと、傷が目立ちやすいです。

リーズナブルかつ短時間で手術が終わるクランプ法ですが、傷跡が目立ちやすいというデメリットがあります。経済的な事情や包茎手術をする理由を考え、必要に応じて手術を検討するとよいでしょう。