Vカット小帯温存法

Vカット小帯温存法は、亀頭直下埋没法と組み合わせて行うことが多い包茎手術です。この手術法の特徴とメリットをご紹介します。

通常の包茎手術では包皮小帯も含めて切除します。しかし、これだと見栄えが悪くなり、感度も落ちることがあるため不評でした。Vカット小帯温存法では、包皮小帯を避けながらV字に包皮を切ることが特徴です。手間はかかりますが2つのメリットがあります。

手術前後で見た目がほとんど変わらず、女性と性行為をするときに手術を受けたことがバレない点がVカット小帯温存法の最大のメリットです。たとえば、銭湯への入浴や性行為のとき、恥ずかしい思いをしたくないために包茎手術をする人もいます。Vカット小帯温存法なら、元々皮が剥けていたと言っても手術跡でバレることはほとんどないのです。

Vカット小帯温存法はペニスの感度が鈍らないこともメリットです。まれに、包茎手術後にEDになってしまう人もいますが、その心配はほとんどありません。性行為時に感度が落ちずに済むため、手術後の性生活の不安もないでしょう。

ペニスの見栄えと感度は男性が気にするポイントだと思います。Vカット小帯温存法の手術料金は300,000円前後になりますが、デメリットは他になく、高い効果が期待できます。ペニスにこだわりたいなら検討する価値はあるはずです。